肘の黒ずみができる原因をまとめてみた

夏になると肌の露出も高くなるので肘の黒ずみが気になるという女性も多いことでしょう。
肘というのは顔と違って普段は目につかない場所なので、ついついお手入れを怠ってしまうものです。
他の部位とは違い、どうして肘ばかりが黒ずんでしまうのかその理由を調べてみました。

 

肘への摩擦と圧力、刺激が黒ずみに!

 

ノースリーブや半袖の洋服をきれいに着こなすためには肘の黒ずみが目立っているようではいけません。
いつもは目につかない肘ですがじっくりと見てみると肘がカサつき黒ずんでいたりと、思っている以上に清潔感のない肘にがっかりしてしまう人も多いことでしょう。
しかし肘にカサつきや黒ずみが全くなく、つるつるできれいな状態でいる人も少ないはずです。
肘に黒ずみが出来やすいのはいくつかの原因があります。
まず肘への摩擦が黒ずみの原因となっています。
蒸し暑い夏場には半袖を着て肘も露出された状態ですが、それ以外の季節には長袖を着ている人がほとんどでしょう。
下着や洋服などの衣類と肘は密着しており、さらに肘は関節なので衣類による摩擦も大きくなります。
何か動作をするたびに、衣類と肘とがこすれて摩擦となっています。
さらに肘は圧力もかかりやすい場所ですね。
ほおづえをつくのがクセになっている人もいますが、ほおづえをつくたびに肘には大きな圧力がかかっています。
ほおづえをつくと衣類による摩擦と圧力がかかり、これが肘には大きな負担となっています。
常に触れ続けている衣類の繊維も肘への刺激となります。
化学繊維などは蒸れやすい素材なので、肘への刺激も大きくなるでしょう。
肘というのは関節ですから、日常の動作を行うために伸ばしたり曲げたりを常に行っています。
そのたびに何かしらの摩擦や圧力、刺激が1点に集中しているので、他の場所よりも大きなダメージが加わっています。
これが肘の黒ずみやカサつき、ごわごわなどの原因になります。

 

肘はダメージが加わりやすい!

 

肘への摩擦と圧力、刺激が加わると、肌内部ではメラニン色素が生成されます。
メラニンは紫外線を受けると生成されることで知られますね。
メラニンが肌に蓄積されるとシミや日焼けの原因となりますから、美肌の大敵とされていますね。
このメラニンは皮膚を守るための役割があるもので、紫外線だけでなく摩擦や圧力などの外部からの何かしらの刺激を受けることにより作られます。
肘には摩擦や圧力などの刺激が少しずつですが、毎日コツコツと加わっています。
少しの刺激でも積み重なれば大量のメラニンが生成されるようになります。
肘の黒ずみは汚れではなくて、このメラニンによるものです。
メラニンが生成されてもスムーズに排出されれば黒ずみとはなりませんが、毎日の積み重ねで生成される量が多くなれば上手く排出されません。
その結果、いくら洗っても落とすことができない厄介な黒ずみとなるのです。
また、肘というのは非常にダメージを受けやすい場所です。
他の部位と比べて肘はとても皮脂腺が少ない場所です。
肌のうるおいの元となる皮脂や水分が極端に少ない場所なので常に乾燥しています。
乾燥していると少しの刺激でも大きなダメージとなります。
もともと肘自体がダメージを受けやすい部位であることや、ほおづえななどの圧力や衣類による摩擦などの刺激を受けやすい場所であるという悪条件が重なっています。
さらに皮脂腺が少なくうるおいが不足しているとターンオーバーもゆっくりなので、生成されたメラニンが排出されにくくなります。
摩擦と圧力、刺激が長年積み重なり、皮膚自身が自らを守ろうとメラニンを生成すると同時に、角質も分厚くなっていきます。

これが繰り返されることで黒ずみが蓄積されゴワゴワの清潔感のない肘になっていくのです。

 

こんな習慣に気を付けて!

 

自宅でゆっくり過ごすリラックスタイムの時には、ついつい肘をついているものです。
ラグなどの上で寝そべってパソコンや雑誌を読んでいる時にはどうしても肘をついてしまいますね。
テーブルの上で読書をしている時や、食事中やカフェでお茶をしている時などにも無意識のうちに肘をついていないでしょうか。
ほおづえや肘をつく動作は、気がつかないうちに無意識にやっているものです。
肘は関節部分で骨が出っ張っていますから摩擦が起こりやすいです。
机や床に肘をついたり洋服でこすれたりと何気ない日常生活の動作で大きなダメージを受けていることを忘れないでください。
肘をついたりほおづえをつくことで、ひじには数キロもの重さが加わっています。
またお風呂で身体を洗うタオルも刺激になっています。
ナイロンタオルは特に刺激が強いので避けた方が良いでしょう。
綿素材などのタオルを使ったり、もしくは泡だけでやさしく洗うようにしましょう。
無意識に行っている習慣を見直すだけでも肘への負担が大幅に軽減されて、黒ずみやゴワゴワがそれ以上悪化するのを防ぐことができるでしょう。

 

肘は黒ずみが出来やすい環境です。
黒ずみが出来る原因は、摩擦と圧力、刺激ですから、普段何気なく行っている習慣を見直してみて下さいね。