肘ずみとメラニンの関係

紫外線に当たった肌内部ではメラニンがたくさん生成されることが知られていますが、実は肘の黒ずみもこのメラニンと大きく関係しています。
ここでは肘の黒ずみとメラニンの関係について詳しくご紹介しましょう。

 

肘の黒ずみとメラニンには大きな関係が!

 

肘の黒ずみは、メラニンによる色素沈着が大きな原因となっています。
夏にはアームカバーや日焼け止めクリームでUV対策をしているし、夏以外には長袖が多いので紫外線には、ほとんど当たっていないはずなのにどうして?と思われる人もいるでしょう。
顔や手足のように紫外線にさらされることも少ない肘です。
肘の黒ずみとメラニンが関係していると言っても、肘の黒ずみの場合には紫外線は関係していません。
というのもメラニンは、紫外線だけでなく、何かしらの摩擦や圧迫などによる外部からの刺激によっても生成されているからです。
紫外線や摩擦、圧迫などの外部からの刺激を受けた皮膚は、自らを守るために皮膚内部にある表皮の一番下にあるメラノサイトと言う細胞でメラニン色素を生成します。
メラニン色素には外部からのあらゆる刺激から皮膚を守ってくれる大切な働きがあります。
しかし、このメラニン色素は皆さんも良くご存知のように、シミや黒ずみなどの色素沈着の原因となるものです。
美肌の大敵のように思われている人も多いのではないでしょうか。
ただメラニン色素が生成されても、本来であれば肌のターンオーバーにより排出されていくものです。
肌内部ではターンオーバーと呼ばれる新陣代謝が繰り返されています。
肌の細胞は、毎日表皮内部の基底層と呼ばれるところで誕生しています。
次々と生まれる新しい細胞に押し上げられるようにしながら、同じように見える皮膚も実は新しく生まれ変わっているのです。
新しい細胞に押し上げられた細胞は角質細胞となり角質層を形成しています。
古い角質はこのターンオーバーの働きにより垢となって剥がれ落ちていきます。
ターンオーバーの働きによって古い角質と一緒にメラノサイトで生成されたメラニン色素も自然と排出されているのです。

正常なターンオーバーが行われていれば色素沈着も起こらず問題はありません。
しかし、ターンオーバーが何かしらの原因でスムーズに行われなかったりします。
ターンオーバーが追い付かないほどに、たくさんのメラニンが生成されてしまうとメラニンが表皮に蓄積されてしまいます。
肘には日々、衣類による摩擦や肘をつくことの圧迫などで刺激が加わっているので、ターンオーバーが追いつかないほどの大量のメラニンが生成されています。
これが黒ずみを発生させてしまう原因となっています。

 

メラニンを発生させないこととターンオーバーを促すことが大切!

 

肘の黒ずみを改善するためには、メラニンを発生させないようにすることとターンオーバーを促すことが大切なポイントになります。
メラニンを発生させないためには、肘への刺激をできるだけ抑えることが大切です。
肘に密着した洋服やインナーによって摩擦が大きくなるので、ゆったりとしたデザインの衣類を選んだり、肘をつく習慣がある人はすぐに改善していきましょう。
お風呂で肘を洗う時にはゴシゴシ洗いも禁物です。
肘はこのように慢性的な刺激を受けやすい場所ですから、これらの刺激がかからないように、日常の何気ないクセや動作を改善していくことが大切です。
肘の黒ずみ対策では、メラニンを過剰に発生させないことが何よりも大切です。
そしてメラニンをスムーズに排出させるためにターンオーバーを活性化することも大事です。
古い角質が溜まったままではターンオーバーもスムーズに行われません。
肘というのはもともと軟骨組織や血管を守るために皮膚が厚くなっています。
また、日々積み重ねられる摩擦や圧迫などの刺激で古い角質が溜まりやすい状態になっています。
さらに、皮脂腺が少なく乾燥しやすいこともターンオーバーがスムーズに行われない原因となっています。
そもそも黒ずみが発生しやすい環境にあるのが肘です。
肘のターンオーバーを促すためには、まずは古い角質を除去することが大切です。
古い角質を除去するためには、スクラブやフルーツ酸などを利用したピーリングが効果的です。
ピーリングケアにより古い角質が除去されることでターンオーバーが活性化され、メラニンも排出されやすくなります。
ただし、スクラブやフルーツ酸を利用したピーリングケアは、肌への刺激も大きいものです。

やり過ぎてしまうと今度は必要な角質までもを落としてしまうことになり、反対に角質が厚くなる原因にもなるので、2週間に1回くらいの頻度に留めておきましょう。
メラニンによる色素沈着には、美白成分が含まれた化粧水や乳液などによるお手入れが有効です。
お風呂上りやピーリングケアの後には美白成分入りの化粧品で保湿ケアを行うのがおすすめです。

 

肘の黒ずみとメラニンにはこのように深い関係があります。
メラニンを大量に発生させないように肘への刺激を抑えることと、ターンオーバーを促すためのケアが必要です。