メラニンの生成を抑えるためには

シミや日焼け、黒ずみなどの肌の色素沈着の原因となるメラニンは、透き通るような美肌に憧れる女性の大敵です。
しかしメラニンには、外部からの刺激から肌を守ってくれる、なくてはならない成分です。
肌の色素沈着とならないようにするためには、メラニンが過剰に生成されないようにしなくてはいけません。

 

メラニンを大量に生成する刺激を減らそう!

 

メラニン自体は肌を守る大切な役割を持っているものですから、全くなくなってしまうのも大きな問題です。
メラニンは、紫外線や摩擦、圧迫などの外側からの刺激を受けることにより、肌内部にあるメラノサイトと言われる細胞から生成されています。
メラニンが生成されることで、紫外線や摩擦などのあらゆる刺激によるダメージから細胞を守ってくれています。
健康な細胞を保つために不可欠なメラニンは、役割を終えると肌の生まれかわりであるターンオーバーにより排出されていきます。
日々、私たちの皮膚は新陣代謝により生まれ変わっており、メラニンも古い角質などと一緒に垢として排出されていきます。
ターンオーバーによってメラニンは排出されていくので、本来であれば色素沈着などは起こらないはずです。
しかしシミや黒ずみなどの色素沈着が起こるのは、ターンオーバーが追い付かないほどに大量のメラニンが生成されているからです。
紫外線を大量に浴びたら日焼けしてしまうように、肘には日々慢性的に衣類による摩擦やほおづえなどの圧迫という刺激が積み重なっています。
メラニンの生成を抑えるためには、何よりもまずはメラニンが大量に生成されないように紫外線や摩擦、圧迫などの外側からの刺激を減らすことが大切です。

 

美白成分を活用してメラニン生成を抑制!

 

メラニンの生成を抑えるためには、美白成分を活用するのもおすすめです。
美容液や化粧水などには美白効果のある成分が配合された商品もたくさんあります。
これらの美白コスメでお手入れをすることでメラニンの生成を抑制することができます。
美白成分と言ってもさまざまな種類があります。
メラニン生成にはいくつかのプロセスがあります。
美白成分の種類によって、このメラニン生成のどの段階で作用するのかが異なっています。
紫外線や摩擦などの外部から刺激を受けると、メラニン生成の指令となるエンドセリンなどの情報伝達物質が作られます。
これがメラノサイトと呼ばれるメラニンを生成する細胞に届けられ、メラニンが生成されていきます。
美白成分の中には、このメラニン生成の指令を防止する働きを持つ成分があります。
トラネキサム酸やカモミラETと言われる成分です。
メラノサイトでメラニンが生成されるのを阻害する働きがある美白成分もあります。
美白作用で知られるビタミンCやアルブチンは、メラニン生成を阻害する働きがあります。
他にコウジ酸やリノール酸、プラセンタエキスやハイドロキノン、甘草エキスなどにも同様の働きがあります。
メラノサイトで生成されたメラニンは細胞を守るために表皮細胞へと送られるのですが、これが蓄積されるとシミや黒ずみとなります。
美白成分の中には、メラニンが表皮細胞へと送られるのを阻害する働きがあるものもあります。
ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどです。

これらの美白成分が含まれた美容液や化粧水で肌をお手入れすることで、完全には難しいかも知れませんが、ある程度はメラニン生成を抑えることができます。

 

角層のメラニンを排出するためターンオーバーを促進!

 

メラニンの生成を抑えるためには、ターンオーバーを促すことも大切です。
古い角質がターンオーバーと呼ばれる新陣代謝によって排出されて新しい皮膚へと生まれ変わると、自然とメラニンも排出されていきます。
ターンオーバーが正常に機能していればメラニンもスムーズに排出されるのですが、年齢とともにターンオーバーがゆっくりになるためにシミも出来やすくなります。
肘などは年齢に関係なく、皮脂腺も少なくかさつきやすい部位なのでターンオーバーがゆっくりです。
古い角質もメラニンも溜まりやすいのが肘です。
古い角質が溜まっているとさらにターンオーバーも正常に行われなくなるので、黒ずみもさらに悪化していきます。
角層のメラニンを排出されるためにはターンオーバーを促すことが大切なのですが、そのためには古い角質を取り除き皮膚を柔軟にすることが大切です。
そのためにはピーリング剤でのお手入れや保湿ケアが必要です。
スクラブやフルーツ酸入りのピーリングジェルを使ったケアは、やり過ぎても問題です。
必要な角質までもを取ってしまうと、それが刺激となりメラニン生成につながります。
角質ケアは様子も見ながら、多くても1週間に1回にしておきましょう。
保湿ケアはこまめに行うほど良いです。
毎日のお風呂上りや朝起きた時など、こまめに肘に保湿クリームでお手入れしましょう。
美白成分入りの保湿クリームであればより効果的にメラニンの生成を抑えることができますね。

 

メラニンの生成を抑制するためには出来るだけ刺激を与えないようにして、美白成分も利用するのがおすすめです。
角質ケアと保湿ケアでターンオーバーも促して、メラニンが蓄積されない健康な肌に導いていきましょう。